世界一周日和

2016年11月17日から夫婦で世界一周旅行中

ラオス世界遺産ルアンパバーンの格安ゲストハウス「BOUNCHALEURN GUESTHOUSE」

妻です。

今回も2泊目以降の宿はネットではなく、自分たちの足で歩いて探しました。

ルアンパバーンはラオスの中でも比較的物価が高く、ホテルの値段も高いと聞いていましたが、メコン川沿いの宿はダブルルームで一泊¥3000〜とやはり、私たちにとっては高め。予算オーバーです。

「メコン川はシーパンドンで十分眺めたし、メコン川から少し離れた場所のホテルを探そうか」と少しエリアを変えてホテル探ししていた時に見つけたのがこの宿でした

 

「BOUNCHALEURN GUESTHOUSE」

f:id:ryo-saya:20170225105549j:plain

f:id:ryo-saya:20170225105552j:plain

 f:id:ryo-saya:20170224162826j:image

部屋タイプ:ダブルルーム
宿泊日数::4泊
宿泊費合計:¥7,505(1泊¥1,876)

交渉してほんの少し値引きしてもらいました。

 

立地・アクセス:★★★
部屋の広さ:★★☆
清潔度:★★★
室内設備:★☆☆
宿設備: ★★☆
Wifi :★★☆

朝食:☆☆☆
接客:★★★

 

立地・アクセス:★★★

ナイトマーケットや朝市があるメイン通りまで徒歩5分、メコン川までは徒歩10分の観光するのに便利な立地です。

宿の隣は小学校です。

f:id:ryo-saya:20170225112151j:plain

f:id:ryo-saya:20170225105612j:plain

カンボジアのイキイキゲストハウスも学校の隣だったのですが、私達は学校の近くの宿に泊まるのが好きです。

学校があるような場所は総じて治安が良いし、何より宿にいても子供達の元気な声が聞こえてきて、なんだか明るい気持ちになります。


部屋の広さ:★★☆

2人で過ごすのに十分な広さ。欲をいえばもう少し広かったら嬉しいなぁ。

f:id:ryo-saya:20170225105635j:plain

f:id:ryo-saya:20170225105638j:plain

 


清潔度:★★★

宿内・室内ともに綺麗に清掃されていました。水回りの嫌な臭いもなし。

廊下もピカピカです。

f:id:ryo-saya:20170224162748j:image

滞在中に部屋の清掃をお願いしたら、シーツから枕カバーまで全て取り替えてくれてたのには驚きました。アジアの宿で初めての経験でした.

 

室内設備:★☆☆

ファン
ホットシャワー(水圧まずまず)
アメニティ:ミネラルウオーター、石鹸 

f:id:ryo-saya:20170225105740j:plain

f:id:ryo-saya:20170225105742j:plain

室内、トイレシャワー内、合計3つの窓があって、日当たり風通しが良く、気持ちよく過ごせました。

f:id:ryo-saya:20170225105702j:plain

 

宿設備: ★★☆

フリードリンク&フード

f:id:ryo-saya:20170224162643j:image

(ミネラルウオーター、コーヒー、紅茶、バナナ、クッキーがフリーでした。)

ランドリーサービス(1kg:¥140)

レンタバイク

各種バスチケット手配

玄関の外にゆっくり過ごせるスペースがあって、ここでもWiFiが使用できるので、作業したり、屋台で買ってきたものを食べたり、ぼーっとしたりして過ごしてました。

f:id:ryo-saya:20170224162715j:image

 

Wifi :★★☆

無料、室内使用可、割とサクサク。

でも朝になぜか全館WiFiオフになる時間がある。

お願いするとすぐオンにしてくれる。


朝食:☆☆☆

無し。

徒歩圏内にたくさん屋台やレストランがあるので困りません。


接客:★★★

英語対応可能。

このゲストハウスのオーナーのお父さんがすごく親切でした。
私が手洗いで洗濯してたら、「これを使いなさい」と大きなタライを持ってきてくくれたり、玄関の外のリビングでぼーっとしてたら、さりげなく扇風機をつけてくれたり。

そんな親切がすごく嬉しかったです。

 

 

 感想

メコン川沿いではないけど、ルアンパバンの主要な観光スポットに徒歩で行けて、低価格で清潔なゲストハウスですごくオススメです。

優しいお父さんが笑顔で迎えてくれると思います!!

 

このゲストハウスの所在地

 

この宿で出会ったフランス人の若いカップル。ある日宿に帰ると、2人とも擦り傷だらけで痛々しい姿に。ビックリして理由を聞くと、バイクで転倒し、彼は鎖骨を骨折しまったとのこと。

「フランスに帰るの?」

と尋ねると、

「まさか!このまま旅を続けるよ。明日、バスでベトナムへ移動するんだ」

と、想像もしていなかった言葉が返ってきました。

本当にたくましい!!

骨折しながらも旅を続ける彼。

少し体調壊したくらいで気弱になってた自分が恥ずかしくなりました。

わたしも頑張んなきゃ!という気が湧いてきて、つい彼に

「ありがとう!!」

と言ってしまいました。

彼は訳が分からず苦笑していました。

 

彼らとはフェイスブックで繋がっていて、今でも彼らが楽しくアジアを旅している様子を見ています。もちろん彼の鎖骨はまだ折れたまま・・・でも、すごい旅を楽しんでるのが伝わってきます。やっぱり彼はタフだ!!

またどこかで彼らと会えたらいいなぁ。

旅での出会いを大切にしていきたいと思います。