世界一周日和

2016年11月17日から夫婦で世界一周旅行中

タイ・チェンマイで日本映画祭!『SFX CINEMA』

夫です。

 

いや〜チェンマイいいところ。過ごしやすいねー。あったかいし、タイ料理おいしいし、なんでも安いし、治安いいし、川も流れてるし、セブンイレブンもそこらにあるし。何不自由なく過ごせる。しかも映画館が徒歩圏に二軒もあるし!1回300円で観られるし。最高っしょ!

 

ということで、僕らが通ったのはチェンマイの青山、ニマンヘメン通りのショッピングモールMAYAにある『SFX CINEMA』

f:id:ryo-saya:20170401164959j:image

f:id:ryo-saya:20170401165735j:image

 

最新鋭のシネコン。

f:id:ryo-saya:20170401171552j:image

f:id:ryo-saya:20170401171612j:image

f:id:ryo-saya:20170401171631j:image

f:id:ryo-saya:20170401171752j:image

これで普通席300円で観られるんだから最高。

 

おまけにちょうど日本映画祭をやっていた。日本映画に飢えていたので歓喜!もちろん観る!

f:id:ryo-saya:20170401165909j:image

f:id:ryo-saya:20170401170038j:image

この日本映画祭、毎年やってるみたいで、バンコクやプーケットでも開催されている。

ラインナップは2016年の話題作を持ってきている感じ。

 

チェンマイでの上映作品のうち「この世界の片隅に」「湯を沸かすほどの愛」「淵に立つ」は昨年観ていたのでパスして、見逃していた「ちはやふる上の句」「あん」「クリーピー」を見た。

 

『ちはやふる上の句』

ちはやふる-上の句-

かるた部の団体戦を描いた青春映画。漫画原作で作りもかなりテレビっぽいが楽しめた。

部活ものいいね!

広瀬すず、かわいいけど、青春映画にばっちりメイクはあかん。

 

「ちはやふる」好きな人には部活モノの最高峰「がんばっていきまっしょい」を勧める。

がんばっていきまっしょい コレクターズ・エディション [DVD]

女子ボート部の団体戦を描いた青春映画の傑作。主演は田中麗奈。もちろん、すっぴんだ。

 

『あん』

あん DVD スタンダード・エディション

ハンセン病患者の被差別の悲しみと希望を描いた美しい映画。重いテーマながら、主演の樹木希林の演技が素晴らしく、ラストは清々しい気持ちになる。「何にもなれなくたって生きている意味はあるのよ」というセリフが胸を打つ。傑作。

 

『クリーピー』

クリーピー 偽りの隣人[DVD]

もしも隣人がサイコパスだったら、という設定ながら隣人以外の登場人物もどこか狂ってる。上映後、「なんだこの映画は」とぼやいてらした年配の日本人男性の言葉が印象的だった。定年後、チェンマイで暮らしてて、久しぶりに日本映画でも観て日本を懐かしもうとして「海街ダイアリー」みたいのを期待して、この狂ったホラーコメディを観たら面食らうだろうな。奇作。

 

外国で日本映画を観るのはとても楽しい。また機会があれば観よう。